有限会社  磐植

花の育て方 〜各種花の特徴〜

アークトティス

◇とても丈夫で育てやすく、これからの夏花壇に最適です。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇花が枯れてきたら、花茎を付け根から取り除き、黄色くなった葉も取りましょう。
◇多湿を嫌がるので、水は表土が乾いてからたっぷりと与えます。
◇アークトティスは日光の当たる明るい時には花を開き、曇り~雨には閉じる性質があります。

アゲラタム

◇寄せ植え材料に欠かせない植物の一つです。
◇日当たりのよい場所を好みますが、午後からは日陰になるような場所が最適です。
◇こまめに花がらを摘んであげると長く綺麗に咲き続けてくれます。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい
◇肥料は与えすぎず、植えつける前にあらかじめ土に粒上の肥料を混ぜて下さい。

アッツ桜(ロードヒポキシス)

◇毎年春先から次々とかわいい花を咲かせ、とても強く初心者向きです。  
◇6がつ頃からは直射日光の当たらない風通しの良い場所で、できるだけ涼しい環境を好みます。
◇こまめに花がらを摘んであげると綺麗に咲き続けてくれます。
◇水はけの良い土に植え、水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇アッツ桜は毎年春に植え替えますが、冬には凍らない程度の低温にあわないと春に花が咲かないことがあるので、
   注意して下さい。

インンパチェンス

◇とても丈夫で育てやすく、これからの夏花壇に最適です。
◇日当たりのよい場所を好みますが、午後からは日が陰るような場所に置きましょう。
◇こまめに花がらを摘んであげると、長く綺麗に咲き続けてくれます。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇インパチェンスは肥沃な土を好み、一株でボリュームが出るので、20~30cm以上の間隔をあけて植えて下さい。

ガーベラ

◇春と秋に次々と花を咲かせます。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きますが真夏は直射日光を避けて下さい。
◇花が枯れてきたら、花茎を付け根から取り除き、また、黄色くなった葉も取りましょう。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇ガーベラは室内の暖かい場所なら冬でも花を楽しむことができ、凍らせなければ翌年も また楽しむことができます。

カプシカム(観賞用からし)

◇鮮やかな実を観賞して楽しむ、夏花壇の主役です。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇真夏の直射日光にも耐える、とても丈夫な植物です。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇カプシカムは肥料好みますので、植えつける前にあらかじめ土に粒上の肥料を混ぜて下さい。

カラーリーフゼラニューム

◇一年中真冬と真夏以外花を咲かせます。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇花が枯れてきたら、花茎を付け根から取り除き、また、黄色くなった葉も取りましょう。
◇水やりは、どちらかといえば乾燥を好むので、土が乾いたらたっぷりとあたえます。 夏は多少やりすぎても良く育ちます。
◇ゼラニュームは栽培が比較的簡単で、背丈もよく伸びます。
   毎年3月ごろに15cm位に切り戻すと枝数も増えてよく咲きます。

サルビア

◇とても丈夫で育てやすく、これからの夏花壇に最適です。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇咲き終わった花穂をそのまま残しておくと株が弱るため、枯れた花穂は切り落としましょう。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇真夏の乾燥には特に注意が必要で、午後からは陰るような場所が適しています。

白妙菊(ダスティーミラー)

◇とても丈夫で育てやすく、一年中銀色の葉が楽しめます。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇お手入れも簡単で手間がかかりません
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい
◇株がとても大きくなりやすいため、まめに切り戻しましょう。
   挿し芽や株分けで簡単に増やすことができます。

トレニア

◇暑さに強く真夏でも生育が衰えないので夏花壇に最適です。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇ときどき茎を短く切り戻して新しい芽を出させるとまた綺麗に咲きます。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇トレニアはやや湿り気のある土を好むので水切れには注意して下さい。

バーベナ

◇とても丈夫で育てやすく、これからの夏花壇に最適です。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇春から秋まで花が途絶えることなく楽しめます。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇バーベナは直射日光に強く乾燥気味を好みます。 水はけの良い有機質に富んだ土を使用しましょう。

ヒメヒオウギ

◇アヤメ科の植物で毎年春先から、オレンジ色や白い花を咲かせます。
◇6がつ頃からは直射日光の当たらない風通しの良い場所で、できるだけ涼しい環境を好みます。
◇山野草的な趣があり、小さな花を次々と咲かせます。
◇乾燥を嫌うので水切れには注意して下さい。
◇ヒメヒオウギは毎年春に植え替えますが、冬には凍らない程度の低温にあわないと
   春に花が咲かないことがあるので、注意して下さい。

ビンカ(日々草)

◇乾燥と暑さに強く、夏花壇に最適な植物です。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇生育が旺盛なので、枝が伸び過ぎてきたら茎を軽く切り戻しましょう。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇ビンカは肥料好みますので、植えつける前にあらかじめ土に粒上の肥料を混ぜて下さい。

ブルーサルビア

◇花は小さいが、花序は30~40cmにもなり多数の藤青色の花を付けます。
◇日当たりの良い場所のほうが生育がよいのですが、真夏は直射日光を避けて下さい。
◇枯れた花穂は切り落としましょう。
◇水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。しかし過湿は根腐れをおこします。
◇その涼しげで優しい花色から、夏花壇によく利用されます。

ベゴニア

◇とても丈夫で育てやすく、これからの夏花壇に最適です。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇風や雨に強く、直射日光にも耐える強健な植物です。
◇水やりは、少し乾かし気味に管理した方が良く育ちます。
◇ベゴニアは一株でも大きくなるので、20~30cm以上の間隔をあけて植えて下さい。

ペチュニア

◇次々と花をつけ、長期間楽しむことができます。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇できるため雨に当たらない場所に植えると花が綺麗にたもてます。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇肥料好むため、植えつける前にあらかじめ土に粒上の肥料を混ぜて下さい。
   茎が伸びてきたら思い切って土の上10cmくらいの茎を切り戻して下さい。

ペンタス

◇とても丈夫で育てやすく、生育期間中は絶え間なく花を咲かせます。
◇日光を好むので、日当たりが良くて風通しの良い場所に置きます。
◇一つの房が一通り咲き終えたら、先端から2節目くらいの枝を切り戻します。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇ペンタスは花を絶え間なく咲かせるのでスタミナ切れにならないように肥料を与えて下さい。

マーガレットアイビー

◇一年を通して日当たりの良い場所で育てましょう。
◇寄せ植えの素材としても活用できるアイビー。寒くなるとマーガレットに良く似た花が咲きます。
◇咲き終わった花をまめに摘み取れば夏の初めまで次々と花が咲き続けます。
◇やや乾燥気味の土壌環境を好みますので水やりは、必ず土の表面が乾いてから与えます。
◇肥料はさほどたくさん与えなくてもよく育ちますので与えすぎには気を付けましょう

マリーゴールド

◇とても丈夫で育てやすく、これからの夏花壇に最適です。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きます。
◇こまめに花がらを摘んであげると長く綺麗に咲き続けてくれます。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇マリーゴールドは土の中に潜むセンチュウという虫を駆虫し、土を元気にしてくれる植物です。

メランポジューム

◇とても丈夫で育てやすく、これからの花壇・プランター植えに最適です。
◇日当たりが良く、風通しの良い場所に置きます(やや日当たりの悪い場所でも良く育ちます)。
◇セルフクリーニング(花摘みのいらない)タイプで、長く綺麗に咲き続けてくれます。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
    ※水切れには注意が必要。
◇メランポジュームは一株で大きく育つため、花壇やプランターに植えるときは
   20㎝くらい間隔をあけて植えて下さい。

ラナンキュラス

◇春咲きの球根で、プランターや鉢植えに適しています。
◇日当たりが良いあたたかい場所で育てます。  高温多湿、極端な乾燥に注意。
◇花が枯れてきたら花茎を付け根から取り除き、また黄色くなった葉も取り除きましょう。 
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇ラナンキュラスは球根性の植物で毎年春に次々花を咲かせます。

ロベリア

◇背丈が低いので、様々な場所に植えられます。
◇日当たりが良くて、風通しの良い場所に置きますが日陰でも充分育ちます。
◇土の質は特に選ばず、肥料もそれほど必要としません。
◇水やりは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えて下さい。
◇ロベリアは夏越しを成功させると秋にもまた可愛らしい花が咲きます。
お問い合わせは(有限会社 磐植)☎0246-22-8787 まで


HOMEページへ
 
農業生産法人 有限会社 磐植(ばんしょく)
〒 970-8002
  福島県いわき市平中平窪字宮田58番地 
TEL 0246-22-8787  FAX 0246-21-2805 
mail  hanahana@bansyoku.com